お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 シンボルツリー オリーブの育て方

 

 

 

 

 

 

こんにちは♪

今回は、前回に引き続き、シンボルツリーに最適な「オリーブ」について!!

オリーブの育て方」をご紹介します。

オリーブ

オリーブ」は、特別な世話をしなくても枯れてしまうことのない

とても丈夫な果樹です。

でも、幼木のうちから支柱を立てたり、適度に剪定したり、肥料やりも忘れないなど、

少し手をかけることで、見違えるほどよく育ちます。

世話をすることが、早く実をつけることの近道です。

「水」

オリーブは、日当たりのよい場所に植えるのがおすすめです

また、常に枝の奥まで光が当たり、風通しをよくするように枝を剪定しておくと、

枝葉がいきいきと育ちます。元気な木には、病気や虫もつきにくくなります。

乾燥に強いと思われがちですがオリーブですが、もちろん水は必要です。

水はけの良い土に植えて、水を切らさないように注意します。

地植えの場合は、しっかり根づいてからは、定期的な水やりは、必要ありませんが、

鉢植え、コンテナ栽培は、1年を通して土が乾いたらたっぷり水を与えます

オリーブの葉



オリーブは、過湿に弱いため、水はけの良い土に植えることが大切です。

土の排水性は、水やりをしたときに水がたまらず、すーっと引く状態が理想です。

地植えの場合は、しっかりと耕し、土をやわらかくするための堆肥を入れて

土を良く混ぜます。

オリーブ

肥料

肥料は、花芽が動き出す3月、実が充実する6月、実を収穫したお礼肥えの10月の

年、3回与えるのが基本です。

オリーブは、酸性土壌を嫌うため、土のpH(酸度)は、6~6.5を保つのも大切。

植えつけの1か月前には、苦土石灰を施し、酸度を調節しておくと良いでしょう。

シンボルツリーに、「オリーブ」は、いかがですか?

ご用命は、リバーフォレストまで~

 

 

 

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ オンリーワンクラブ

 

 

 

 

こんにちは♪♪

今回は、シッボルツリーにも最適な、「オリーブ」について、

2回にわたり、ご紹介したいと思います。

オリーブ

オリーブは、1年中銀灰色の葉を保つ常緑樹です。

記念樹や、シンボルツリーとして「オリーブ」のを選ぶ人が、増えているのは、

常緑樹なのにしなやかに風をみせてくれるたおやかさと、何より平和のシンボルとしての

イメージが大きいのかもしれません。

生長が早いオリーブは、特に地植えの場合は、ぐんぐん枝葉を伸ばし、成木は、10mにもなります。

オリーブの葉

オリーブの葉

葉の表面は、光沢のある緑色、裏面は白い細毛が密生しています。

しなやかな枝は対生に葉をつけて茂り、風が吹くと揺れながらきらきらと銀灰色に輝きます。

オリーブの葉には、ポリフェノールや鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれ、オリーブの葉を使った

健康茶も親しまれています。

オリーブの花

「オリーブの花」

5月中旬から6月上旬頃、直径5㎜ほどの小さくてミルク色したかわいい花をたくさん咲かせます。

その様子は、同じモクセイ科のキンモクセイとよく似ています。ひと房に10~30輪ほど咲きますが、

そのうち結実するのはおよそ1割程度。

自家受粉しにくい植物のため、違う品種を2本以上植えると確実に実をつけます

オリーブの美

オリーブの実

受粉1週間ごから結実し始め、秋が深まるにつれて実が徐々にふくらんできます。

色もグリーンから赤、紫、黒へと成熟。

そのままかじるととても渋いのですが、塩で漬けるとオリーブは滋味深い味わいに。

熟した果実を搾ってとれた黄金色の果汁は、純度100%のエクストラバージンオリーブオイル

なるのです。

次回は、「オリーブの育て方」をお送りしまーす。

オリーブのご用命は、リバーフォレストまで!!!

 

 

 

 

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ

こんにちは!

この暑さで、夏バテなどしていないでしょうか?

おばちゃまは、毎日暑いので、お疲れ気味です。

でも、痩せません。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「オリーブ」

最近、リバーフォレストのお客様にも、ちょくちょく「オリーブ」を指定される方が増えてきました。

オリーブ

洋風シンボルツリー候補「オリーブ」です。         数少ない常緑樹です。

オリーブは人類がもっとも古くから利用していた植物の一つと言われ、果実からオリーブ油をとったり、塩漬けにされたりします。

庭木として利用すると異国情緒が演出できます。

樹高は10m~15mになります。

は長さ5cm~8cm、細長くて先端がとがり、革質で硬いです。

の表葉光沢のある濃緑色で、裏は銀白色になりコントラストがよいです。

春にはのつけ根から短い枝を伸ばして、黄色みがかった白い花を20輪前後まとめて咲かせます。

花粉が風によってばらまかれる風媒花です。果実は球形やタマゴ形など品種によってことなります。最初は濃緑色で、次に黄緑色になり、

秋には完熟して黒紫色になります。

は地面の比較的浅い位置に張ります。

は10~11月になり、緑色から黒紫色に変化します。実を楽しむためには異なる品種のオリーブを混植えする必要があります

果実は塩漬けにして食用とされます。

果実にはオレウロペインという苦み成分が含まれており、若い果実は生のままでは渋くて食べられません。

熟した果実はつぶしてオリーブ・オイルを採ります。

シンボルツリー 「オリーブ」も素敵ですね。