お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ オンリーワンクラブ

 

 

 

 

こんにちは♪♪

今回は、シッボルツリーにも最適な、「オリーブ」について、

2回にわたり、ご紹介したいと思います。

オリーブ

オリーブは、1年中銀灰色の葉を保つ常緑樹です。

記念樹や、シンボルツリーとして「オリーブ」のを選ぶ人が、増えているのは、

常緑樹なのにしなやかに風をみせてくれるたおやかさと、何より平和のシンボルとしての

イメージが大きいのかもしれません。

生長が早いオリーブは、特に地植えの場合は、ぐんぐん枝葉を伸ばし、成木は、10mにもなります。

オリーブの葉

オリーブの葉

葉の表面は、光沢のある緑色、裏面は白い細毛が密生しています。

しなやかな枝は対生に葉をつけて茂り、風が吹くと揺れながらきらきらと銀灰色に輝きます。

オリーブの葉には、ポリフェノールや鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれ、オリーブの葉を使った

健康茶も親しまれています。

オリーブの花

「オリーブの花」

5月中旬から6月上旬頃、直径5㎜ほどの小さくてミルク色したかわいい花をたくさん咲かせます。

その様子は、同じモクセイ科のキンモクセイとよく似ています。ひと房に10~30輪ほど咲きますが、

そのうち結実するのはおよそ1割程度。

自家受粉しにくい植物のため、違う品種を2本以上植えると確実に実をつけます

オリーブの美

オリーブの実

受粉1週間ごから結実し始め、秋が深まるにつれて実が徐々にふくらんできます。

色もグリーンから赤、紫、黒へと成熟。

そのままかじるととても渋いのですが、塩で漬けるとオリーブは滋味深い味わいに。

熟した果実を搾ってとれた黄金色の果汁は、純度100%のエクストラバージンオリーブオイル

なるのです。

次回は、「オリーブの育て方」をお送りしまーす。

オリーブのご用命は、リバーフォレストまで!!!

 

 

 

 

福井 あわら市 シンボルツリー シラカシ

こんにちは♪

毎日、滝のような雨が降り、少しこの頃の天気に恐怖?を感じるおばちゃまですが、皆様、いかがお過ごしですか?

昨日も、ちょっと外にでたら、雨と風(これが、歩かれないほどの風!)で、ビショ濡れになってしまいました!!

でも、今日の福井は、今のところ、晴れ間も少し出てちょっと回復したみたいで安心しています。

さて、今回のシンボルツリーのご紹介は、「シラカシ」です。

おばちゃまの家にも、シラカシは、デッキ周りに植えてあります。

シラカシ

シラカシは、ブナ科の植物で、常緑樹です。

成長すれば高さ20メートルまで達します。

横幅は5メートルから8メートルとこれまたビッグサイズ。

といっても、一般的な住宅地では地盤が弱くそこまでにはなりません。
移植は不可能、幼木で植えたら移動は出来ません


シラカシは根が真下に成長し、細い根が枝分かれして成長しないので、この太い根が傷つくと枯れてしまいます。
間隔を狭く植えると大きくならない ので、生垣として植える場合、株同士を狭めて植えると、放置していても10メートルだと

か20メートルという大きさにはなりません。

土壌を選ばず、潮風にも強い ので、埋立地のような水はけの悪い土地でも育ち、潮風に当たっても傷まないという有難いもの

です。
そして、日光が当たっても育ちますが、あまり当たらないような場所でも生育するので、家の北側など半日陰になるような場

所でも生育します。

とはいえ、日陰では生育しにくいので、半日陰くらいにしておきましょう。

シラカシ

ドングリの木
よくドングリと言いますが、ドングリというのは樹の実の大雑把な総称でコレという樹木を指してはいませんが、

シラカシは茶色い丸い実に帽子をかぶったThis is ドングリといった風体の実を付けます。

おばちゃまの家のシラカシは、もう、2階の窓あたりまで成長しました。

そのおかげ?で、みんなの家よりは、夏は涼しく過ごせています。

今年の夏も猛暑でしたが、エアコン温度は、28℃で、充分快適でしたよー!!!

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ

こんにちは!

この暑さで、夏バテなどしていないでしょうか?

おばちゃまは、毎日暑いので、お疲れ気味です。

でも、痩せません。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「オリーブ」

最近、リバーフォレストのお客様にも、ちょくちょく「オリーブ」を指定される方が増えてきました。

オリーブ

洋風シンボルツリー候補「オリーブ」です。         数少ない常緑樹です。

オリーブは人類がもっとも古くから利用していた植物の一つと言われ、果実からオリーブ油をとったり、塩漬けにされたりします。

庭木として利用すると異国情緒が演出できます。

樹高は10m~15mになります。

は長さ5cm~8cm、細長くて先端がとがり、革質で硬いです。

の表葉光沢のある濃緑色で、裏は銀白色になりコントラストがよいです。

春にはのつけ根から短い枝を伸ばして、黄色みがかった白い花を20輪前後まとめて咲かせます。

花粉が風によってばらまかれる風媒花です。果実は球形やタマゴ形など品種によってことなります。最初は濃緑色で、次に黄緑色になり、

秋には完熟して黒紫色になります。

は地面の比較的浅い位置に張ります。

は10~11月になり、緑色から黒紫色に変化します。実を楽しむためには異なる品種のオリーブを混植えする必要があります

果実は塩漬けにして食用とされます。

果実にはオレウロペインという苦み成分が含まれており、若い果実は生のままでは渋くて食べられません。

熟した果実はつぶしてオリーブ・オイルを採ります。

シンボルツリー 「オリーブ」も素敵ですね。

 

福井 福井市 シンボルツリー ソヨゴ

みなさーん!!お盆は、いかがおすごしですか?

今回のシンボルツリーは、「ソヨゴ」のご紹介です。

ソヨゴ

もう一つの常緑樹シンボルツリー候補がソヨゴです。

常緑樹のシンボルツリーは候補が二つしかない上に常緑樹を希望される方が多いため、ソヨゴシマトネリコに次ぎ人気のある樹です。

この二種の決定的な違いは成長の速さにあります。

ソヨゴは成長が遅いです。シマトネリコは非常に速いです。

ちなみに「大きくならない樹」という実に難解な注文をお聞きするときもあるんですけど、残念ながら大きくならない樹はありません。     ただし成長のスピードには差がありますので、速いものと遅いものを比較して検討することになります。                    ソヨゴは成長が遅いので、シンボルツリーとして安心して植えられる種類の一つとなります

ソヨゴ和風でも使えますが、洋風としても問題なし。

株立ちの樹形が良いです。ソヨソヨと風にそよぐ所からソヨゴと名づけられたそうです。

ソヨゴには小さな白い花が咲きますが、あまり目立ちません。シンボルツリーとしての見どころは赤い「実」です。 これがけっこう趣があります。ただし、実は付くものと付かないものがあります。すなわち「雌」には実が付きますが、「雄」には実が付きません。

ですから、ご購入の際はどちらか確認する必要があります。

ソヨゴを植える際は「実付き(雌木)」と「実無し(雄木)」を販売店に聞いてみましょう。ちなみに、実付きの方が若干値段が高いです。

それでも先に売れていきます。実付きでさらに形がいいのは真っ先に売れてしまいます。

ちなみにこの「雄」「雌」の区別ですが、実の季節の前に花で区別ができます。

雄」の花はチラチラとたくさん付きます。         「雌」の花は一つ一つ付きます。

ソヨゴの花が咲くのは6月ごろ。つぼみの段階で雄か雌かわかります。花自体は小指の先程の小さな花ですので、遠めでは見えないくらいのものです。

虫はあまり付きません。ただ、葉に黒い斑点が入ったりすることは時折あります。

これは菌類の影響です。防除するとなると結構頻繁に殺菌消毒が必要なのですが、あまり神経質に気にしない方がいいと思います。

常緑樹で大きくなりにくいシンボルツリー」というご要望をお聞きすればソヨゴをおススメします。

福井 福井市 シンボルツリー シマトネリコ

こんにちは⌒

このお盆も、暑い日がつづきそうですね。~

もう、何もしたくありません~

今回のシンボルツリーのご紹介は、つやのある葉がそよぐ癒し系 「シマトネリコ」です。

シマトネリコ

常緑樹シマトネリコシンボルツリー候補の中でぶっちぎりの人気No.1です。

ソヨゴと比較するとシマトネリコの方がより洋風の印象です。

光沢のあるサラサラした感じの葉が洋風の雰囲気に実にマッチします

シマトネリコは枝が細くて軽いため、そよ風でも葉がそよそよと揺れる様子が素晴らしいです。
癒し度満点の樹です。

シマトネリコ

さらに! この木の良いところは… 枯れない!

水さえ切らさなければ滅多に枯れることがありませんし、自然樹形なので剪定の手間も大してかかりません。また、病害虫も非常に少ないです。

シマトネリコの注意点は、まず成長が非常に速いということ。

数年で相当成長するとお考えください。 ですから、ある程度大きくなってもよい場所に植えてやるべきですね。

あと、強いて言えばあまりにも人気が集中しているため、ご近所みんながシマトネリコという場合があったりするかも知れません。

ちなみにシマトネリコは厳密には「半常緑樹」に分類されます。

寒い地域では葉を落としますが、日本で素っ裸になることは少ないので、常緑樹と言っています。

福井では、シマトネリコ、葉を落とします。

おばちゃまの家のシンボルツリー、「シマトネリコ」です。

ホント、そよ風に吹かれ、軽やかな、「シマトネリコ」です。

花は咲きますが、地味な白い花なので期待するほどではありません。

要するに、「常緑の爽やかな葉」がシンボルツリーとしての最大の見どころです。