お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 夏対策 オーニング LIXIL

 

こんにちは♪

いよいよ、、本番ですね~

と、いうことで、今回は、デッキの上やリビングを涼しくし

夏のギラギラ日差しを遮る、「オーニング」のご紹介です。

リクシル オーニング

外壁に直接取り付けるタイプですので、デッキの上すっきり、です。

通常の風雨でキャンパスを収納する必要がないので、雨よけにもなります

リクシル オーニング

外壁に取り付け不可能の方は、独立フレームで、埋め込みタイプのものもあります。

風は風速20m/秒・降雨量は50㎜/hに耐えられるガッチリ構造です!!

リクシル オーニング

すだれのような目隠し効果も期待できる、メッシュのスクリーンを内蔵したタイプもあります。

LIXILのオーニングに使われているキャンバスは、全て有害な紫外線をほぼ100%カット

安全で居心地の良い日陰をつくります。

居室の日焼け対策にも役立ちます!

ご用命は、リバーフォレストまで~

 

 

 

 

 

福井 福井市 オンリーワンクラブ こけ

こんにちは♪

今回は、今、人気の「こけ」のご紹介です。

image25

 

日光や乾燥に強い物、半日陰、日陰に適したもの

湿った場所に合うもの等数種類の苔マットがあります。

image21

ヤシマットは、丈夫なヤシの繊維でできたマットに苔を生育させたもので

軽くて扱いやすいのが特長。

屋上緑化などに最適。

image22

グランドカバー屋上緑化に、手軽に加工できるシート状のコケが大人気です。

ネットマットはビートモスを土台にネットに包んだもので、やわらかいシート

なので地面の凹凸にも自然に土壌に定着します。

image24

庭のアクセントになる丘マリモ、インテリアプランツとしても楽しめます。

ご用命は、リバーフォレストまで~

 

 

福井 福井市 グランドカバー ヤブラン

こんにちは♪

この頃は、もぐっと深まり、朝、晩は、暖房のエアコンがほしい、この頃です。

今日は、グランドカバーとして人気のある 「ヤブラン」のご紹介です。

リバーフォレストにも、おばちやまの家のにも、植えてあります。

ヤブラン

 

 

 

 

 

 

 

こんな、紫色の可憐な花を咲かせます。

日本や東アジアなどに生育する多年草です。

常緑性の植物で、冬でも葉が枯れずに青々としています。

樹木の下などの薄暗い、いわゆる「ヤブ(藪)」に自生しているため、ヤブランという名前がつきました。

ヤブラン

 

 

 

 

 

毎年になると新しい葉がでてくるのですが、前年の葉は傷んで汚くなっているものが多いです。

新芽が出る前の春先に株元からばっさりと刈り取ってしまいましょう。

毎年、葉の更新を行うことで美しい姿と葉色を長い期間キープでき、楽しむことができます。

放置しておいても新芽が出て育ちますが、草姿が乱れる上にきれいな新葉と汚くなった前年の葉が混じったようになり、少し見栄えが悪くなってしまいます。
日陰にもよく耐えます。

塀や壁などで陰になっているような部分、軒下に面した通路などでも育てることができますが、あまり暗い日陰ですと花付きが悪くなってしまいます

かなり日当たりの悪い場所でも育てることは可能ですが、花は期待できません
日陰に適している植物ですが日当たりのよい場所でもよく育ちますが、フイリヤブランはやや強光線に弱い性質があり真夏の直射日光下では葉焼けを起こして茶色くなることがありま

すので気を付けましょう。

なんといっても、紫の可憐な花が、樹木の下などにあると、素敵です。

ご相談は、リバーフォレストまで!!!!

福井 坂井市 地被類 ヘデラ(アイビー)

こんにちは♪♪

3連休なのに、台風が心配ですね~

今回は、地被によく使われる、「ヘデラ」のご紹介です。

ヘデラ

ヘデラは強い日光に当てると傷んでしまいますので日陰に植えることが多いのですが、日光に当たったほうが成長は早くなり、性質も頑健になります。

日陰でもグングンと育つので、気軽に植えることが出来ます。

よくフラワーアレンジメントの材料としてお庭で栽培しているので、おばちゃまのように、フラワーアレンジをされる人は植えると何かと便利ですよ。

その際、極端に日陰に植えると、斑(ふ)入りヘデラは附が薄くなってしまいますので気をつけてください。

庭植え なら、基本的に放置で充分です。

ヘデラ乾燥に強いので、雨が当たる場所に植えた場合は他の植物に水をやるついでに、ちょっとあげれば大丈夫です。

ヘデラはマイナス5℃まで耐えられます。

非常に頑健なので育てるのに気苦労はありません。

むしろ増えすぎて困ることがあります。

いかがですか?

ご相談は、リバーフォレストまで~