お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 フェンスの選び方 第2回

こんにちは♪

今回も前回に引き続き、フェンスの選び方について、

YKK-APさんのフェンスを使いながら、ご紹介したいと思います。

多くの種類のフェンスから、我が家にふさわしいものをどう選ぶか・・・

まず、基本となるのは、庭や建物を見せるか、それとも隠すか、という点です。

もちろん、その中間的な考え方もあります

フェンス

見せる(Open)」

道行く人に、草花や建物の佇まいを見せるオープンタイプ

街を美しく彩ります。

オープンスタイルの魅力は、

緑や花で街並みを美しく彩ることができる

・フェンス沿いに気軽に近所の人とコミュニケーションが取れる。ことです。

気をつけなければならないことは、

隠したい窓などは、植物等で視線を遮る工夫が必要

・侵入がしやすいので、建物自体の防犯性能を高める配慮が必要。です。

フェンス

面積の大きいフェンスは、通りや隣家からだけでなく、室内からもよく見えます。

建物側からどう見えるか、ということもフェンスを選ぶ時のポイントの1つです。

ご相談は、リバーフォレストまで~

 

 

福井 福井市 オンリーワンクラブ 自動散水システム

 

こんにちは♪

だんだん、暑くなってきましたね。

お庭植物の水やりも、暑い日は、たいへんですよね。

でも、お水をあげないと お花は、枯れてしまうし・・・

そこで、オンリーワンクラブの「自動散水システム」をご紹介します。

 

 

オンリーワン 自動散水

太陽光発電式タイマー付きの便利な自動散水キットです。

植物の水やりに便利な自動散水キット。

地面にチューブを這わせて根っこに水をやる「ドリップチューブタイプ」と、

高い位置からスプレーのように水をまく「ジェットスプレータイプ」があります。

散水タイマーは太陽光発電式のため、電池切れなどの心配もありません。

オンリワンクラブ 自動散水

自分で、簡単に取り付け可能

オンリーワン 自動散水

今年の夏は、水やりも自動で、安心です。

ご用命は、リバーフォレストまで~

 

福井 坂井市 地被類 ヘデラ(アイビー)

こんにちは♪♪

3連休なのに、台風が心配ですね~

今回は、地被によく使われる、「ヘデラ」のご紹介です。

ヘデラ

ヘデラは強い日光に当てると傷んでしまいますので日陰に植えることが多いのですが、日光に当たったほうが成長は早くなり、性質も頑健になります。

日陰でもグングンと育つので、気軽に植えることが出来ます。

よくフラワーアレンジメントの材料としてお庭で栽培しているので、おばちゃまのように、フラワーアレンジをされる人は植えると何かと便利ですよ。

その際、極端に日陰に植えると、斑(ふ)入りヘデラは附が薄くなってしまいますので気をつけてください。

庭植え なら、基本的に放置で充分です。

ヘデラ乾燥に強いので、雨が当たる場所に植えた場合は他の植物に水をやるついでに、ちょっとあげれば大丈夫です。

ヘデラはマイナス5℃まで耐えられます。

非常に頑健なので育てるのに気苦労はありません。

むしろ増えすぎて困ることがあります。

いかがですか?

ご相談は、リバーフォレストまで~

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ

こんにちは!

この暑さで、夏バテなどしていないでしょうか?

おばちゃまは、毎日暑いので、お疲れ気味です。

でも、痩せません。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「オリーブ」

最近、リバーフォレストのお客様にも、ちょくちょく「オリーブ」を指定される方が増えてきました。

オリーブ

洋風シンボルツリー候補「オリーブ」です。         数少ない常緑樹です。

オリーブは人類がもっとも古くから利用していた植物の一つと言われ、果実からオリーブ油をとったり、塩漬けにされたりします。

庭木として利用すると異国情緒が演出できます。

樹高は10m~15mになります。

は長さ5cm~8cm、細長くて先端がとがり、革質で硬いです。

の表葉光沢のある濃緑色で、裏は銀白色になりコントラストがよいです。

春にはのつけ根から短い枝を伸ばして、黄色みがかった白い花を20輪前後まとめて咲かせます。

花粉が風によってばらまかれる風媒花です。果実は球形やタマゴ形など品種によってことなります。最初は濃緑色で、次に黄緑色になり、

秋には完熟して黒紫色になります。

は地面の比較的浅い位置に張ります。

は10~11月になり、緑色から黒紫色に変化します。実を楽しむためには異なる品種のオリーブを混植えする必要があります

果実は塩漬けにして食用とされます。

果実にはオレウロペインという苦み成分が含まれており、若い果実は生のままでは渋くて食べられません。

熟した果実はつぶしてオリーブ・オイルを採ります。

シンボルツリー 「オリーブ」も素敵ですね。