お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 タカショー 京町家シリーズ 千本格子

 

 

こんにちは♪

今回のご紹介は、タカショー京町家シリーズから、

千本格子をご紹介します。

タカショー 千本格子

京町家シリーズとは、しっとりと落ち着いた雰囲気で、昔ながらの趣を

今に伝える京町家の街並み。その美しさと和の情緒を取り入れ、京町家の街並みをイメージした

新しいデザインコンセプトとして誕生したのが、この「京町家シリーズ」です。

格子、目隠し、スリット・・・など、のユニットは、耐久性に優れた人工木材

エバーアーウッド」を用い、モダン和風から本格和風まで、あらゆるシーンに対応!!

タカショー千本格子

洋風建築にも落ち着きのある色合いがうまく調和します。

タjカショー千本格子

タカショー千本格子

基本カラーは、日本の伝統色を基に新たに開発したオリジナル4色。

素材の仕上げは、伝統の「うづくり」をモチーフに繊細な凹凸をつけることにより、

本物の木の質感と手触りを実現しています。

ご用命は、リバーフォレストまで~

 

福井 福井市 ガラス表札 和紙サイン LIXIL

 

 

こんにちは♪

今回のご紹介は、「ガラス表札」です。

ガラス表札というと、洋風のお家向けのように感じますが、

今日ご紹介するのは、和風のお家にもぴったりな!!

リクシルの 表札和紙サイン」です。

和紙サイン リクシル

出雲(島根県)、土佐(高知県)、越中(富山県)の彩り豊かな手漉き(てすき)和紙を採用したサインです。

和紙をガラスで両面から挟み込み、組み合わせることで和風とモダンが調和したデザインとなっています。

高品質の樹脂中間膜で防水性を確保しています。

和紙サイン リクシル

和紙とガラスの組み合わせ。

ちょっと、粋でしょ!?

御用命は、リバーフォレストまで~

 

 

福井 福井市 おしゃれな インターホンカバー ディーズガーデン

こんにちは♪

今日は、すごく おしゃれなインターホンカバーのご紹介です!!

インターホンといえば、どこのお宅も似たような形、色のものしかありませんよね。

ポスト表札は、いっぱいおしゃれなものがあるのに・・・・と思われている方!

ディーズガーデンインターホンカバーいかがですか?

インタホンカバー 

なかなか、ウッドタイプのものは、めずらしいでしょ!

ウッドタイプなので、和風のお宅にも、洋風のお宅にもぴったりです。

素材は、繊維強化プラスチックです。

インターホンカバー

モニュメントにつけたインターホンも素敵にみえます。

色は、他に 濃いダークブラウンもあります。

 

タカショー ファニチャー 人工ラタン 福井 石川 お庭 テラス ガーデンルーム

こんにちはリバーフォレストのマダヨです。

今月はタカショーのファニチャーを紹介しております。

先週紹介したロムガーデン庭座には、他にもシリーズがあります。

リビングのソファーのようにゆったりしたデザイン。

カフェテーブルソファーテラスにおいて寛ぎ空間に。

ロムガーデン ソファ

他にもエンザスクエアチェアーもあります。

ロムガーデン エンザ

ロムガーデン スクエア

いずれもクッションの付いた高級感あるファニチャーです。

タカショー ファニチャー 人工ラタン 福井 石川 外構工事

こんにちはリバーフォレストのマダヨです。

6月の月曜日はタカショーさんのファニチャーを紹介していきます。

今日は人工ラタンファニチャーです。

その名もロムガーデン庭座です。

庭座は日本人の床に座るというスタイルを取り入れた製品です。

シンプルスクエアテーブルの下にベンチもスツールも収納できるので、

使わないときも場所をとりません。

ロムガーデン シンプル

同じようにシンプルチェアーシンプルアームチェアー

重ねて収納(スタッキング)出来るので場所をとりません。

ロムガーデン シンプルチェア

シンプルシリーズはデザインもシンプルで、お手入れもシンプル。

どんなスタイルのお庭にもピッタリです。

福井 坂井市 TOYO ガラス表札 レイヤードガラスシリーズ グラッド

こんにちは

今日は、TOYO のガラス表札のご紹介です。

TOYOガラス表札

レイヤードガラスシリーズ」です。

2枚のガラスの間に、木目シートを挟んだデザインの「グラッド」です。

素材の表情が浮かび上がり、立体感を感じさせます。

他にも、ガラスの間に和紙を挟みこんだ、「グラシス」もあります。

和風のお家にも、洋風のお家にも、ぴったり合います。

ご用命は、リバーフォレストまで~

福井 敦賀市 和風の庭 イロハモミジ

こんきちは

今日は、福井県 敦賀市 M様邸

M様邸のモニュメント前につっくた お庭のご紹介です。

イロハモミジ

ここに植えた もみじ!

イロハモミジ」が、後ろの和風モニュメントとマッチしているでしょ!

いろはもみじ

イロハモミジは、自然らしいやわらかい枝ぶりで日本を感じられる一本で、日本といえばの代名詞イロハモミジです。

深く探れば探るほどに奥の深い植木です。

これほど日本を印象づける植木は他にはありません

和・洋とわずにどんな雰囲気にでもうまくとけ込んでくれ、年を重ねたイロハモミジは凛とした日本を感じさせてくれます。

まさに日本の心ここにありです。配植も対応幅がひろく極端に偏った環境でなければ対応してくれます。

それぞれの環境に適した様相は皆様だけのイロハモミジに変化してくれると思います。

ご相談は、ぜひ、リバーフォレストまで

福井 福井市 外構工事 施工例 タカショー e-ウッドフェンス ラティスタイプ e-ウッドパネル2型

こんにちは、リバーフォレストのおくです。

 

今日は、タカショーe-ウッドフェンス ラティスタイプを施工されたA様邸を

ご紹介します。

 

 

広い敷地のA様邸。

洋風のご自宅にとてもよく似合う外構工事をされましたが

今日はフェンスをご紹介。

タカショー e-ウッドフェンス

パネルはグリーン、はホワイトです。

 

 

 

 

タカショー e-ウッドフェンス

 

タカショー e-ウッドフェンス ラティスタイプ

鉢をかけて、より一層おしゃれフェンスになっています。

 

 

A様邸の外構全体はリバーフォレストのホームページ

施工例に載っていますので、覗いてみて下さいね(^^♪

 

タカショー e-ウッドフェンス ラティスタイプ 洋風 フェンス

外構工事 リフォーム

 

福井 福井市 シンボルツリー ハウチワカエデ

こんにちは⌒⌒

秋晴れの福井ですね。

朝、晩はめっきり秋らしくなったのですが、まだお天気の良い昼間は、暑い福井です。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「ハウチワカエデ」のご紹介です。

ハウチワカエデ

ハウチワカエデは、自然のままの樹姿が美しく、自然樹形のまま、シンボルツリーとして使えます。

 

天狗が持つという羽団扇に似た葉をつけるので、ハウチワカエデと呼ばれます。

モミジより葉の切れ込みが浅いので、葉の存在感があります。

葉に大きな切れ込みが入るモミジに対し、切れ込みが大きくないカエデは洋風な庭にもよく似合います。

ハウチワカエデ

植えつけ は、日当たり、水はけの良い場所が適しています。
植付けに適しているのは、12月から3月までです。
腐葉土をすきこんだ肥沃な土壌が適しています。
植え付けの際は、根がよく張れるように、地中の石などは取り除いておきます。

掘り出した土に対し、2~3割ほどのバーク堆肥や腐葉土を鋤き込むと、通気性が良くなり根腐れを起こしにくくなります。
西日が強く当たる場所だと、きれいに紅葉しません。

午前中は日が当たる半日陰の場所が向いています。

また、株元に強い光が当たると株を弱めるので、低木や下草などを配しましょう。

樹形は自然と整うので強い剪定はあまり必要ありません。
落葉後~2月の間に不要な枝を間引く程度で問題ありません。

あなたのお家の お庭にも、いかがですか?

 

福井 福井市 シンボルツリー オリーブ

こんにちは!

この暑さで、夏バテなどしていないでしょうか?

おばちゃまは、毎日暑いので、お疲れ気味です。

でも、痩せません。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「オリーブ」

最近、リバーフォレストのお客様にも、ちょくちょく「オリーブ」を指定される方が増えてきました。

オリーブ

洋風シンボルツリー候補「オリーブ」です。         数少ない常緑樹です。

オリーブは人類がもっとも古くから利用していた植物の一つと言われ、果実からオリーブ油をとったり、塩漬けにされたりします。

庭木として利用すると異国情緒が演出できます。

樹高は10m~15mになります。

は長さ5cm~8cm、細長くて先端がとがり、革質で硬いです。

の表葉光沢のある濃緑色で、裏は銀白色になりコントラストがよいです。

春にはのつけ根から短い枝を伸ばして、黄色みがかった白い花を20輪前後まとめて咲かせます。

花粉が風によってばらまかれる風媒花です。果実は球形やタマゴ形など品種によってことなります。最初は濃緑色で、次に黄緑色になり、

秋には完熟して黒紫色になります。

は地面の比較的浅い位置に張ります。

は10~11月になり、緑色から黒紫色に変化します。実を楽しむためには異なる品種のオリーブを混植えする必要があります

果実は塩漬けにして食用とされます。

果実にはオレウロペインという苦み成分が含まれており、若い果実は生のままでは渋くて食べられません。

熟した果実はつぶしてオリーブ・オイルを採ります。

シンボルツリー 「オリーブ」も素敵ですね。