お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 シンボルツリー ハウチワカエデ

こんにちは⌒⌒

秋晴れの福井ですね。

朝、晩はめっきり秋らしくなったのですが、まだお天気の良い昼間は、暑い福井です。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「ハウチワカエデ」のご紹介です。

ハウチワカエデ

ハウチワカエデは、自然のままの樹姿が美しく、自然樹形のまま、シンボルツリーとして使えます。

 

天狗が持つという羽団扇に似た葉をつけるので、ハウチワカエデと呼ばれます。

モミジより葉の切れ込みが浅いので、葉の存在感があります。

葉に大きな切れ込みが入るモミジに対し、切れ込みが大きくないカエデは洋風な庭にもよく似合います。

ハウチワカエデ

植えつけ は、日当たり、水はけの良い場所が適しています。
植付けに適しているのは、12月から3月までです。
腐葉土をすきこんだ肥沃な土壌が適しています。
植え付けの際は、根がよく張れるように、地中の石などは取り除いておきます。

掘り出した土に対し、2~3割ほどのバーク堆肥や腐葉土を鋤き込むと、通気性が良くなり根腐れを起こしにくくなります。
西日が強く当たる場所だと、きれいに紅葉しません。

午前中は日が当たる半日陰の場所が向いています。

また、株元に強い光が当たると株を弱めるので、低木や下草などを配しましょう。

樹形は自然と整うので強い剪定はあまり必要ありません。
落葉後~2月の間に不要な枝を間引く程度で問題ありません。

あなたのお家の お庭にも、いかがですか?

 

福井 福井市 シンボルツリー ナナカマド

こんにちは♪

今日は、先日の特別警報は、どこえやら~ さわやかな青空が広がっている、福井です!!!

今日のシンボルツリーのご紹介は、「ナナカマド」

ナナカマド

大きな房状につく小豆大の果実も真っ赤に熟して見事な姿となります。
5~7月に白い花が咲き、葉は枝先にまとまってつきます。
赤い果実は鳥達の食用になり、また果実酒としても利用されます。
光沢のある朱赤色の実が房状につき美しい。寒さが増し、落葉した後にも実は残り、美しく樹を彩ります。
温暖な平野部では害虫が多く、育成も悪く枝枯れも起こしがちです

ナナカマドは北国の代表的な紅葉樹です

ナナカマド

日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。
植え穴は大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、必ず高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。

剪定は1~2月に行います。長く伸びた枝や込みすぎた枝を剪定します。
施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを1~2月上旬頃に与えます。

温暖な地域ではカイガラムシ、アブラムシ、ハマキムシ、テッポウムシなどの被害が見られるので、早め早めに駆除、防除していきます。

おばちゃまのうちのにも、植えてあります。

鳥たちがやってきて、赤い実を食べるので、おにあると、バードウォッチングもできちゃいますよ~

福井 福井市 実のなる シンボルツリー ジューンベリー

こんにちは♪
やっと、雨も落ち着き、今週は、秋晴れに恵まれている、福井です。

今回のシンボルツリーのご紹介は、実のなるシンボルツリー 「ジューンベリー」のご紹介です。

我がリバーフォレストのお庭にも、植えてあります!!!

満開につける花、美味しい実、赤オレンジの紅葉
ジューンベリー紅葉の三拍子揃った庭木の人気者!
枝が暴れやすい性質を持つジューンベリーですが、寒さにも強い ので四季を通して楽しめる希少な植木です。

ジューベリー

ジューンベリーは、花付きが良く、4~5月頃に咲かせる白い小花は美しいです。

満開時は降りしきる雪のように枝全体を花が覆いつくします。

ジューンベリー

6月(June)に果実が熟す特徴からジューンベリーと呼ばれています。

結実性が強く、ほぼ花の数だけ実になるため1本でも毎年豊作です。

しかも実には体に良い色素が豊富!生のまま食べたり、加工してジャムや果実酒にもできます。

リバーフォレストにも、毎年実がなるのですが、いつも熟するまで待っていると、カラスに拝借されてしまいます。(笑)

そして、秋になると・・・

ジューンベリー

秋には綺麗に赤オレンジ色になった紅葉を楽しむことができます。

夏の時とはまた違う雰囲気のジューンベリーを堪能してください。

 

福井 福井市 シンボルツリー モミジ

毎日、毎日、暑い日が続いていますね~~

四国の四万十では、気温、40℃を超えたらしい!!!

40℃って、どんな暑さ!?

考えただけで、汗がでてしまいます。

今日は、シンボルツリー 「モミジ」のご紹介です。

モミジ

モミジと言えば和風庭園のイメージかも知れません。

「え?」 「モミジだと和風じゃないの?」 と感じられる方もいらっしゃるでしょう。 いいえ。

モミジは洋風住宅のシンボルツリーにもピッタリ似合います。

特に最近は自然な樹形のモミジが出回っていて、ナチュラルな雰囲気洋風住宅にマッチしてくれます。

モミジの魅力はもちろん紅葉!!

紅葉モミジを上回るものはないと思います

鮮やかな赤色です。 紅葉部門ではモミジがぶっちぎりNo. 1。ハナミズキがNo. 2。

また、モミジ新緑も素晴らしいです。爽やかな緑色です。株立ち のものは落葉後もサマになる樹形です。

ところで、モミジには代表的な種類が二つあります。

すなわち、「イロハモミジ」と「ヤマモミジ」。一般的にヤマモミジの方が葉が大きいとされます。

おばちゃまの家のにも、お風呂場横の坪庭にも、「ヤマモミジ」が植えられています。

新緑の季節の緑も、夏の緑も、もちろん秋の紅葉も素敵です。

モミジ

モミジの最大の注意点は「」です。

モミジは一番虫に好かれます。よほど美味しいんでしょうね。

イラガを筆頭に、いろんな毛虫が付きます。 テッポウムシも入ります。

消毒の準備はしておいた方がいいかも知れません。

こう書くと気分が萎える方もいらっしゃるでしょうが         それでもぜひモミジを植えたい、という方は数多くいらっしゃいます。

それだけシンボルツリーとしての魅力がある樹、「モミジ」です。

 

福井 福井市 シンボルツリー ハナミズキ 

こんにちは♪

今年の夏は、ホント、どうなっているのでしょう!?

暑いし、突然のゲリラ豪雨だし・・・・

皆さん、突然の雨には、気をつけてください!!

今回のシンボルツリーは、

花、実、紅葉、育てやすさ、四拍子そろった樹木、「ハナミズキ」のご紹介です!!!!

ハナミズキ

ハナミズキは根強い人気のシンボルツリーです。

日本がアメリカに桜を贈ったお返しにハナミズキを贈られたことは有名な話。

最近の庭木株立ちが主流なのですが、ハナミズキは今なお一本立ちが主流となっています。

ハナミズキ花付きがよく、樹いっぱいに花が咲く様は素晴らしいです。赤いも可愛らしいです。
紅葉も見事な赤で落葉樹の中ではトップクラスです。

おまけに手入れもあまり必要とせず、手間のかからない樹でもあります(ケムシは少々付きますが…)。

この三拍子、四拍子揃ったところからハナミズキシンボルツリーの定番中の定番として君臨していました。
しかし、あまりにも植えられすぎて街路樹にも植えられるようになったせいか、一時ほどのブームは去ったようです。

しかしながら、今も根強い人気と言ったところでしょうか

ハナミズキ

ちなみにハナミズキの色は赤と白の2種類あるのですが、赤のほうが人気があります。

赤は真ん中が白っぽいのですが、白は花全体が真っ白ですので樹一面が真っ白になるのです。

ちなみに、リバーフォレストの庭にも、ハナミズキの赤があります!

ハナミズキの花が咲くのは4月下旬。ハナミズキが咲くと、全体が、パッと明るくなります。

サクラのように葉に先立って開花します。

花重視のシンボルツリー選びならエゴノキハナミズキ
成長もゆっくりなので剪定等の手間もあまりかかりません。

他の樹と決定的に違うのが「一本立ち」であることですので、そこをシンボルツリー選びのポイントにしてください。

福井 福井市 シンボルツリー シャラ (ナツツバキ)

こんにちは⌒

この前は、すごい雨でしたね~

やはり、年々、異常気象が強くなっている気がします。

今回から、シリーズで8月は、リバーフォレストでご提案させていただいている、樹木について、ご紹介させていただきたいと思っております。

まず、1回目、シンボルツリーによく植えさせていただいている、「シャラ」のご紹介です。

シャラ

シャラの別名は「ナツツバキ」。
ツバキに似た清楚な花を夏に咲かせることが別名の由来です。夏といっても梅雨時、というイメージですが。
また、この花は1日で落ちてしまいます。

シャラは平家物語にも「沙羅双樹」という名前で登場しています。花が落ちるのを世の中の「無常」にたとえているという話です。

そうは言っても、花が少ない季節に咲いてくれるので貴重な存在でもあります。
そこがシャラの花の魅力です。

新緑も◎。爽やかな葉をしています。
樹形も◎。文章では表現しにくいのですが、何か繊細でしなやかな印象です。

おばちゃまのうちのにも、「シャラ」があるのですが、毎年、芽が吹き、葉が出だすと、やっと春になったなぁーと感じます。

葉が出だすと、ホント、しなやかで、涼しげです。夏の暑い時など、リビングから、風にそよぐ「シャラ」をみていると、外の暑さを忘れます。

シャラ

シャラ株立ち 樹形のいいものが手に入りやすいです。特に落葉後の姿が絵になります。

紅葉は、それなりです。目を引く程ではないかも。

ただし、シャラシンボルツリーにするには最大の注意点があります。

「西日に弱い」です。

北向きなど、半日陰に植えたいものです。 また、夏場の乾燥には十分な注意が必要です。

落葉樹の葉焼けは避けられないことも多いのですが、シャラは特にその傾向が強いです。

葉だけ焼けてもすぐに樹が枯れるわけではないので、要は見栄えの問題です。 ですから、夏場以降は少し観賞価値が落ちる場合があります。

水やりと根元を乾かさない工夫をしてやってください。

皆様のおにも、シンボルツリーに1本、「シャラ の株立ち」は、いかがですか!?