お客様のより良い暮らしの実現のため、“出会えてよかった”と常に感じていただける企業として
家が引き立つエクステリア&ガーデン!福井 での 外構・エクステリア事業 環境事業 リフォーム外壁事業なら リバーフォレスト にお任せください!

福井 福井市 シンボルツリー ハウチワカエデ

こんにちは⌒⌒

秋晴れの福井ですね。

朝、晩はめっきり秋らしくなったのですが、まだお天気の良い昼間は、暑い福井です。

今回のシンボルツリーのご紹介は、「ハウチワカエデ」のご紹介です。

ハウチワカエデ

ハウチワカエデは、自然のままの樹姿が美しく、自然樹形のまま、シンボルツリーとして使えます。

 

天狗が持つという羽団扇に似た葉をつけるので、ハウチワカエデと呼ばれます。

モミジより葉の切れ込みが浅いので、葉の存在感があります。

葉に大きな切れ込みが入るモミジに対し、切れ込みが大きくないカエデは洋風な庭にもよく似合います。

ハウチワカエデ

植えつけ は、日当たり、水はけの良い場所が適しています。
植付けに適しているのは、12月から3月までです。
腐葉土をすきこんだ肥沃な土壌が適しています。
植え付けの際は、根がよく張れるように、地中の石などは取り除いておきます。

掘り出した土に対し、2~3割ほどのバーク堆肥や腐葉土を鋤き込むと、通気性が良くなり根腐れを起こしにくくなります。
西日が強く当たる場所だと、きれいに紅葉しません。

午前中は日が当たる半日陰の場所が向いています。

また、株元に強い光が当たると株を弱めるので、低木や下草などを配しましょう。

樹形は自然と整うので強い剪定はあまり必要ありません。
落葉後~2月の間に不要な枝を間引く程度で問題ありません。

あなたのお家の お庭にも、いかがですか?

 

福井 福井市 シンボルツリー モミジ

毎日、毎日、暑い日が続いていますね~~

四国の四万十では、気温、40℃を超えたらしい!!!

40℃って、どんな暑さ!?

考えただけで、汗がでてしまいます。

今日は、シンボルツリー 「モミジ」のご紹介です。

モミジ

モミジと言えば和風庭園のイメージかも知れません。

「え?」 「モミジだと和風じゃないの?」 と感じられる方もいらっしゃるでしょう。 いいえ。

モミジは洋風住宅のシンボルツリーにもピッタリ似合います。

特に最近は自然な樹形のモミジが出回っていて、ナチュラルな雰囲気洋風住宅にマッチしてくれます。

モミジの魅力はもちろん紅葉!!

紅葉モミジを上回るものはないと思います

鮮やかな赤色です。 紅葉部門ではモミジがぶっちぎりNo. 1。ハナミズキがNo. 2。

また、モミジ新緑も素晴らしいです。爽やかな緑色です。株立ち のものは落葉後もサマになる樹形です。

ところで、モミジには代表的な種類が二つあります。

すなわち、「イロハモミジ」と「ヤマモミジ」。一般的にヤマモミジの方が葉が大きいとされます。

おばちゃまの家のにも、お風呂場横の坪庭にも、「ヤマモミジ」が植えられています。

新緑の季節の緑も、夏の緑も、もちろん秋の紅葉も素敵です。

モミジ

モミジの最大の注意点は「」です。

モミジは一番虫に好かれます。よほど美味しいんでしょうね。

イラガを筆頭に、いろんな毛虫が付きます。 テッポウムシも入ります。

消毒の準備はしておいた方がいいかも知れません。

こう書くと気分が萎える方もいらっしゃるでしょうが         それでもぜひモミジを植えたい、という方は数多くいらっしゃいます。

それだけシンボルツリーとしての魅力がある樹、「モミジ」です。